行事一覧2009>No.09-143 特別講演会 第7回「大気圧プラズマ流による人間環境保全技術に関する講演会」

No.09-143 特別講演会
第7回「大気圧プラズマ流による人間環境保全技術に関する講演会」

(環境工学部門 企画)

開催日

2009年 12月22日(火) 13.00〜17.30

会 場

東北大学流体科学研究所 2号館5階 大講義室
仙台市青葉区片平2−1−1

内 容

 大気圧プラズマ流を利用した人間環境保全技術には,大気や海・河川・湖の汚染物質の浄化・水質改善,温室効果ガスやVOCの排出削減,廃棄物からの資源回収,病原微生物の殺菌・医療応用,植物成長促進,プラズマ燃焼促進,各種プロセスのエネルギー効率の向上,半導体,金型,プラスチックなどの表面処理やクリーニングの乾式化,新素材創製,水中気泡内放電などがあり,近年注目を集めています.本講演会では,これらの最先端の研究や技術を第一線の講師に紹介・解説して頂きます.

題目・講師

12月22日(火)

13.00〜14.00 安岡康一(東京工業大学・教授)
「水中気泡内プラズマの発生と水処理応用」
14.10〜15.10 北野勝久(大阪大学・准教授)
「低周波大気圧プラズマジェットの放電メカニズムと液体へのプラズマプロセス」
15.20〜16.20 平田孝道(東京都市大学・准教授)
「マイクロスポット大気圧プラズマ源を用いた再生医療・治療
−生体適合性の向上と生体組織・細胞の活性化−」
16.30〜17.30 杤久保文嘉(首都大学東京・准教授)
「非熱平衡大気圧プラズマのシミュレーション」

申込方法

 「No.09-143 環境工学部門特別講演会参加申込み」と題記し,(1)氏名,(2)会員資格の有無,(3)勤務先(学校学部)・所属(学年),(4)連絡先(郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)を明記の上,2009年12月16日(水)までに下記申込先にE-mailまたはFAXにてお申し込み下さい.

申込先・問合せ先

〒980-8577 仙台市青葉区片平2−1−1
東北大学流体科学研究所 佐藤 岳彦
電話&FAX(022)217-5320

Back to TOP

Last update 2016/05/27